2012年10月24日 00:00

これでいいのかな?

 プログラムの開発環境という物は、案外たくさんあると言える気がする。とはいえ、各言語で使用出来る…というか使用に耐えうる開発環境は、と問うと案外少ない。まぁ、愛用するエディタとコマンドラインベースのコンパイラで全てが完結するのであれば、それで十分と言えば十分なのだとも思う。とはいえ、各言語の専用開発環境という物は、昨今ではコード補完の機能がとても充実しているわけで…そっちを使ったほうが楽なのも事実である。

 で、専用エディタに乗り換えて、設定等を完全にお任せでやってしまうと、それはそれで時々困ったことが起きる。特に小生のように、自宅PCで、職場PCで、そしてそれ以外の場所にてノートPCで、といった具合に複数の環境、OSを使用する場合に色々と困ったことが起きるわけだ。

 一例として、Windowsの64bit環境だと、他のWindowsにおける「Program Files」が一部「Program Fils (x86)」というフォルダ名になっていたりする。故に、「デフォルトの設定で」インストールした同じアプリを立ち上げるにしても、呼び出し方が違ってしまう。

 小生、FlashやAdobe AIRの開発に「Flash Develop」を愛用しているわけだが、この問題が発生してしまった。32bit系で作ったプロジェクトでAIRアプリの開発していて、64bit系でプレビューをしようとした時に、エラーで弾かれるのだ。内容を見ると、flexsdkのツールが見つからないとのこと。

 結論から言うと、まずFlash Developは(x86)にインストールされる。で、件のプロジェクト内にあるパスの指定を見ると(x86)がない。だが、このプロジェクトは32bitでも64bitでもいじるので、どっちか一つに絞る事はできない。

 で…結果。SetupSDK.batの中身で、

set FLEX_SDK=C:\Program Files\FlashDevelop\Tools\flexsdk

とある物を、

set FLEX_SDK=C:\Program Files (x86)\FlashDevelop\Tools\flexsdk
if exist "C:\Program Files (x86)\FlashDevelop\Tools\flexsdk\*.*" set FLEX_SDK=C:\Program Files (x86)\FlashDevelop\Tools\flexsdk

という形に、下に1行置いてみた。早い話、(x86)があるなら、そっち用に環境変数を上書きしろというバッチのコマンドである。とりあえず、こんな程度の改変で動いているっぽい。

 まぁ、備忘録というか、万が一同じ状況で困っている御仁のためというか、そんな感じで…。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。