2012年08月28日 00:00

パラドックス

 「私は嘘つきである」という、有名なパラドックスがある。「私」が「嘘つき」である以上、「私は嘘つき」という言もまた「嘘」であるはずであり、「嘘つき」が「嘘」なら「正直」でなければならない。よって、これは矛盾するという奴である。

 まぁ、実際には「嘘つき」と称される人にしたところで、発言の全てが嘘というわけではない。ある程度の真実に嘘を混入しないと効果的な「嘘」はつけないというのもあるし、発言の全てが嘘であればそれはそれで会話やら生活やらが成立しなくなってしまうのも、ちょっと考えればわかる話だろう。故に、このパラドックスは正しいとは言えない。これを正しくパラドックスとして表現するには、「私の言葉は『すべて』嘘である」的なものでないといけないのではなかろうか。

 このパラドックスそのものは一旦横に置いておいて、この話をもう少し噛み砕いてみよう。一般生活において「私は嘘つきである」と言われる人の言葉を、人は信用するだろうか。普通に考えれば、否、である。だが、ここで「信用しない」とする根拠は、「私は嘘つきである」という言葉である。そしてその言葉は嘘つきだとされる人物によって発せられた言葉でだ。故に「信用しない」と主張する人は、その「私は嘘つきである」という言葉にだけは「絶対的な信用」を置いていることになる。つまり「この人物は嘘つきだ」と判断した相手そのものの言葉の一つを信じているに他ならない。そう考えると非常に滑稽である。

 ところでネットの世界を漂っていると、これに近い事象を案外見かける。具体的には、「ソースがWikipediaかよ」的な反応をする人たちである。中には、この言葉だけで相手を論破したぞくらいの気分が前後の文章から伝わってきたり、自信満々に芝生まではやしたり、もうこれでどうだ的な必殺技みたいな雰囲気で自信満々に書いているんだろうなぁという感じの人を結構見かける。

 確かに、Wikipediaは基本的に誰にでも書き込み、改変することが出来る存在である。故に、不十分な知識を持った者による誤った情報や、意図的に間違った改変などが混在する可能性は十分にある。故に情報の最終的なソースとしては、一段信頼性の劣る物であるという考え方は理解できる。まぁ、ぶっちゃけ政府広報にしろ新聞やニュースにしろ一定以上の偏りが見受けられる現在の日本では、それらと比べてWikipediaの信頼性はどっちが低いのかな、などと考えだしたら結構微妙になってしまうのではないかとも個人的に思わなくもないが。

 では、そもそも「情報ソースとしてWikipediaが信用ならない」という情報のソースはどこか。これはWikipediaの性質的な物ではあるが、この情報のソースを最終的なところまで辿ると、他でもないWikipediaそのものに辿り着く事は明らかであろう。

 Aという人が「私は嘘つきだ」と言った。Aが「嘘つき」という情報のソースは、A自身の「私は嘘つきだ」という言葉であり、A自身の言葉は最初に述べた通り、パラドックスに陥る。では、これを踏まえてBとCという第三者がいたとする。Bが「Aがこう言ってたよ」と言い、それに対しCが「Aは嘘つきなんだから信じられるわけないだろ」と言ったとしよう。この場合、Cが「信じられない」とする論拠、情報のソースはやはり「私は嘘つきだ」というAの言葉に他ならない。Cの主張は、論拠を含めて書きなおせば「Aが嘘つきだってAが言ってたよ」となる。これはこれで別のパラドックスとなろう。Cが主張する「Aが嘘つきだから信じられない」なら、「Aが嘘つき」というCの主張もまたAの首長に由来する以上、Cは自分自身の発言をも「信じられない」と定義しているに他ならないわけだ。

 このケースでAをWikipediaに置き換えて考えてみよう。そうするとネットでよく見かけるやり取りが、この上なく滑稽な物に見えてこよう。つまりは、誰かの意見に対し「ソースはWikiかよ」と嘲笑している人物は、同時に自分自身のその書き込みを嘲笑しているに他ならないわけだ。同様に、情報源がWikipediaだからという理由で何かを否定した人間は、同じ理由で自らのその発言を否定したに等しい。しかもこの手の書き込みの前後の文を見るに、それについてはおそらく気づいていないケースがほとんどであるように見受けられる。

 では、なぜそうなるか。理由は簡単である。先のパラドックスとは違って、Wikipediaの内容には真実も混ざっている。だが、まるで全てが嘘であるかのように表現してしまうから、こうしたパラドックスが発生するのである。

 この手のやり取りの有用性を考えるに、相手を攻撃するために、相手の論拠となる情報ソースを嘘だと断じることで自らの優位を得ようとする手段に起因しているのだろうと小生は分析する。相手を論破できない負け確定側の人間が、相手の情報源がWikipediaだというだけで、「情報そのものが真実かどうか関係なしに」相手の情報源を否定することで、相手の論拠を覆そうと攻撃する、そのための言葉、手段が元となっているわけであり、今でもそういった方法のために使われる事が多い。ぶっちゃけそれ以外に論破するべき欠点や矛盾が相手の理論にあるなら、べつにWikipediaを否定するまでもなく、そこを突けば良いわけだ。それが出来ないからこそ、理論や情報そのものではなく、全く別の方面から相手の論拠を否定するという手段に出るしかないのだろう、と分析出来る。

 ただ、この手段を成立させるためには、「Wikipediaの『全情報』は信用に値しない」かのごとく相手に誤認させる必要がある。よって、本来の姿である「Wikipediaは誤った情報『も』含む『可能性がある』」を「Wikipediaは『全て誤り』である」かのようにすり替えて再定義するという手段をとる。ぶっちゃけ詭弁の方法の一つである…というか、むしろ詐欺の手法に近い。

 当然、こんな詭弁をやっていれば無理が生じる。その無理が、先に記したパラドックスとなっているのではなかろうかと、小生は考える。

 情報ソースに気を使うならこそ、あるいは気を使えと相手に指摘するならばこそ、『情報ソースがWikipediaなら信用してはならない』という考え方のソースがそもそもWikipediaに行き着く事に気づかなければならない。要はネット上の定型句に煽られて、そこで思考を止めてはいけないのだと思うし、情報のソースに気を使えと言う側こそ率先して気を使わねば示しがつくまい。

 詭弁の多くは、一部分だけ取り出してみれば十分に理があるものだ。というか、そもそもそういう作りにしないと詭弁そのものが成立しない。だが、その詭弁自身が持つ理の部分によって詭弁自身が破られることもある。これは、もしかしたらそういう種類のパラドックスのお話なのかもしれない。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。