2012年07月24日 00:00

パケ死?

 先日の米国出張が終わり、帰国後にいきなり携帯にメールが。曰く、パケット料が1万円を超えたとのこと。おろ?どういうことだ?

 こういう時は慌てずに。孫氏曰く、敵を知り己を知れば百戦危うからずである。敵の言い分はさておき、まずは己の状況を確認しようではないか。

 まずは海外での定額プランの確認。これは、出張直前にわざわざショップに出向いて、ちゃんと入ってる旨を確認済である。また、その定額プランが適用されるための操作方法も、同時にショップで確認をしてきた。そして、米国でその通りに操作をしていた…はずだ。だとすると、この辺で何かミスがあったとしたら、可能性は2つ。小生が操作を間違えたか、ショップの店員が何か誤解していて間違った事を小生に説明したかである。あるいは、小生が見落としている可能性がまだあるかもしれないのか。

 いずれにせよここまでの情報では、まだ推測の域を出ない。故に、次は敵を知る必要がある。ということで、通勤の途中でショップに寄ってみた。色々あって、今月の明細を確認してもらった所、確かに海外からの通信費用が加算されているものの、海外での定額プランの上限値で収まっているとのこと。早い話、普段よりはちょっと高いけど、全部定額の範囲内に収まっているそうだ。

 え?…ならば、何で料金超過まがいなメールが来たのであろうか。詳細を聞いてみたところ、早い話「国内でのパケット代(定額の範囲内)」+「海外でのパケット代(海外定額の範囲内)」の合計が1万円を超えたため、その旨の注意メールが送られてきたとのこと。

 あぁ…なるほどね…そういうことですか…。

 ……

 …………

 ………………

 えっと…それって、メールを送信する「しきい値」の設定に問題がないかな?両方定額の範囲内(というか、おそらくは両方上限いっぱい)なのに、警告メールが来るという設定は、普通に考えて絶対におかしい。まぁ、後からプラン足したり引いたりしてるから、こういう見落としが起きるんだろうけどさ。

 それはさて置き。余談ながら、海外でのパケット代がどのくらいだったか教えてもらえた。定額なしの場合の料金は、21万くらいだったそうな。まぁ、カーナビ代わりに使ったりしたから、確かにパケット数は多かったとは思うが…一週間程度でこの値段は、そりゃパケ死なる物が発生するわけだわなぁ。いや、むしろ逆に考えるべきか。この定額プランのおかげで、小生は20万弱くらい特をしているのだ、と。うん。ポジティブポジティブ、と。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。